ジェネリックとは|ジェネリックの購入は個人輸入代行で/ストロングハートで害虫駆除

ジェネリックとは

白い錠剤

ストロングハートはハートガードプラスのジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れてから開発・販売される医薬品のことで、後発医薬品とも呼ばれています。

通常、医薬品の開発には膨大な開発コストと時間が必要になります。
1から開発をおこなわないといけない新薬の場合、基礎研究期間と臨床開発期間というものがあり、この2つをトータルすると約15年ほどかかります。
つまり、新薬を開発するまでにそれだけの年数がかかってしまうのです。
体内に摂取するモノですので、その医薬品の有効性や安全性をしっかりチェックしなければいけず、そのためにはこれだけの年数が必要だということです。
また、販売してからも新薬には再審査期間というものがあり、10年ほど継続して有効性や安全性を確認するための期間が設けられるのです。
ジェネリック医薬品の開発は、再審査期間を終了した新薬の特許が切れてからおこなわれ、他の製薬会社が開発・販売できるようになるのです。
新薬ですでに開発手順が明確になっていますし、成分の有効性や安全性も証明されています。
そのため、ジェネリック医薬品は開発にそこまでの時間がかからず、約3年で開発可能です。
新薬と比較すると開発コストが大幅に削減されており、その分、販売価格もかなり安く設定できるのです。

ストロングハートもハートガードプラスと同じ成分が含まれていますし、発揮する効果も同じです。
ハートガードプラスを購入しようと考えている場合は、ジェネリック医薬品であるストロングハートにも注目してみてください。